スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分が落ち込む」詳細を考えないこと!が大事 

サラがよく読んでいる
ブログ
幸せになるとどんどん叶う

の「受け取りモード(2016年7月4日の記事)」を読んで
コメントを書きました。
今日のブログ記事は、その抜粋です。
(サラ自身、心に刻んでおきたいので)

エイブラハムの教えは、
とてもカウンセラー的でもあり、結果的にスピリチュアルでもありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなた方の日常において現時点で

「考えただけで不安になる」
ことについて、
詳細をつつかないようにする。(保留にしておく)

それについて考え込むことなく過ごし、

別のことで「いい気分」になることを楽しみ
そのエネルギーが飽和状態になったところで、
つまり、「波動を上げた」状態
幸せの流れにつながった状態をキープできた所で、
あらためて

「考えると気落ちする」
事柄について、詳細を考えてみる・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数年前に
私、サラは「波動が下がった」時に、
気落ちすることを考え込んで、
むやみに行動して、
さらに落ち込んでしまい
精神的なことも含めて
体調を崩してしまったことがありました。

そういう時は、本当に最悪のことを引き寄せますね。

ちょっとした問題(悩み)においても、
気分が下がっている時と
気分がとてもいいとき(ハイウェイ走行状態)の時では、
自分の思考を通じて出してくる答えが全く違うんです。
また、それを応援する情報や出来事を宇宙が送り込んでくれる。

小さな問題なら「気分転換」で、
大きな問題も「継続的な楽しみの時間を一定期間もつ事」によって
解決したり、
別の解釈を得られるようになる。
(問題を提起した時点の思考では考え付かなかった解釈です。)

犬や猫、(私サラは小鳥を飼っています)などの
ペットは、その考え込みすぎて落ち込んでしまう状態から
「今、感じる心地よさ・楽しさ」に
気持ちを向けさせてくれる贈り物なのだと
最近感じています。


エイブラハムの教えを物語に織り込んだ
「サラとソロモン」著:エスターヒックスは、

その中にも「問題を離れて、まったく別な気持ちよさに浸る」
ということによって、
主人公のサラが関わらなくても問題が自然に解決してしまう。
感じ方が変わって、問題ではなくなっている・・・

そんなエピソードが満載です。

確かに、エイブラハムの教えは正しい・・・
自分の日常を振り返ってそう感じている日々です。

たった今、気分よくいるというのが、
「引き寄せの極意」なんです。


私達の本質は、川で言うところの「本流」
考え込んで、落ち込み悩んでいるところは、
その流れにつながっていない「孤立した流れ(池)」。

その本流(幸せの流れ)につながらないと、
インスピレーションが降りてこない。

インスピレーションを感じるには
考えるを止めて。
気分よく感じるが大切。

インスピレーションは神の領域。
思考で解決しようとするのはエゴの領域。


気分のいい状態、自分を幸せにする状態に自分を持って行くことが
まずは先決なんです。

ちょっとした気分転換。(思考を止めて感じる時間)
大笑いすること。
感動すること。

趣味や喜びからの仕事、ライフワーク・・・って、
きっと、結果や成果以上に、
その間の気分の良さ、「波動アップ」のためにあるのかもしれません。

エイブラハムではないですが、
バシャールも
その時点でワクワクすることに
まずは乗ってみる・・・と言っていますね。

気分転換や、
状況に左右されない継続的な楽しい何か(自己表現というワクワク)
・・・・が大切になりそうです。

水彩画を描くことが
サラにとって、「いい気分」=ワクワク=波動アップ法の1つ。

みなさんは、どんな「いい気分」=ワクワク=波動アップ法をもっていますか?





ほっぺ色の収穫-450px
【ほっぺ色の収穫】 水彩画6号 作:サラ


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soromonnoirumori.blog40.fc2.com/tb.php/94-a140331d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。