スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリアリングは必要か? 

「サラとソロモン」という本の中では、
エイブラハムの教えを、
物語の主人公サラとフクロウのソロモンの
会話を中心に学んでいくストーリですが、
実際の所、
エイブラハムの教えは「引き寄せの法則」の本での方が有名ですね。

でも、サラは
「引き寄せの法則」という言葉に
少し違和感を覚えてしまっています。

いろんな人がセミナーで、
自分独自の「引き寄せの法則」を作り上げてしまっているからです

以前、こういう内容のセミナーがありました。
「なぜ、あなたは引き寄せられないのか?
その答えは、それをブロックする観念があるからです。
このセミナーでは、その観念というブロックを外すクリアリングメソッドを教えます」

そして、続けてセミナーの主催者の方が言います。

「たとえばもっとお金が欲しい・・・・と思ってたとします。
でもあなたの観念の中に、「お金は汚いものだという」観念があれば、
あなたは貧乏なままです。
ではどうするか・・・
それは、その観念を「クリアリング」するしかないんです。
それをしなければ、
「引き寄せの法則」を使いこなすことはできません。」

という内容のもの。

本当にそうでしょうか? 
クリアリング・・・という一見もっともらしい手法は必要なのでしょうか?

初めてこの言葉を聞く人は、
「そうなんだ、だから引き寄せられなかったんだ。
よしわかった、クリアリングを学ばなければ・・・」
とセミナーにせっせと通って、お金をつぎ込んでしまいます。

でもね。エイブラハムはクリアリングは必要ない・・・と
言っているんですよね。

巷に溢れている「引き寄せ」は
その主催者のアレンジが加わっているもので溢れています。


さて、そこで
エスターヒックスさんが出した本の中でも、
本当に伝えたかった「引き寄せの法則」の本質を解説している本があります。
それが、「引き寄せの法則」のアメージング・パワー―エイブラハムのメッセージ



「引き寄せの法則」のアメージング・パワー―エイブラハムのメッセージ




「引き寄せ」で、一番大切なのは、いい気分になって自分とつながる事ですね。

いい気分になるには、「抵抗」を手放すこと。
「抵抗」を手放すには
「こうだ」と決めつけてネガティブの判定をしている、
あなたのその思考をすこしでもホッとさせる思考へと
シフトさせることなんです。

思考をスライドさせて、
ホッとしたいい気分までの道のりの努力だけが
必要だという事なんです。

クリアリングのように「消す」必要はないんです。
「シフト」させる考えを自分でつかみ、
それを新しい自分の概念として採用する・・・ことなんです。

そう問題に対して
対立したネガティブな感情を抱くのではなく、
心を楽にして、無抵抗の状態に、自分の思考を導く・・・ことが
エイブラハムの「引き寄せ」なんですね。

行動の旅ではなく、感情の旅をすること・・・の意味です。

またまた、
アマゾンのレビューで恐縮ですが、
この本のレビューで、サラが、感動してしまったレビューがあります。
投稿者はもくせいさんという方。
その洞察の深さに脱帽です。書評家デビューして欲しいくらい。


以下にそのレビューを貼っておきますね。実際にはAmazonnに飛んで読んでみてもよいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エイブラハム流「クリアリング法」の精髄
投稿者 もくせい トップ1000レビュアー 投稿日 2010/3/13

シリーズの中でこの本の目だった特色はと言えば、
「非物質領域」と「物質領域の自分」との関係性の描写に重点が置かれているという点です。

物質世界にあって人はよく自分の立ち位置を見失います。

「私はいったい何のために存在しているのだろうか」と、自分の存在意義を見失いそうになります。
エイブラハムによれば、そういった存在の不安に対する答えは決して物質領域では見出すことができず、
非物質領域と自分との関係性の理解に照らして初めて、
我々は自らのよってたつ盤石な足場=正当な存在価値の確信を手にすることができるとされています。
ですからエイブラハムは一見なんの意味があるのだろうかと思うような宇宙論を、
繰り返し熱意をもって語るのです。そしてその宇宙論にからめて、
「あなたは無価値でない」、「あなたは宇宙を豊かにするかけがえの無い存在だ」、との
暖かいメッセージをシャワーのように浴びせかけてくれますので、本書は大変勇気付けられる内容となっております。

またこの本の第2の特色としては、
様々な技法を用いながら、「少しずつ少しずつホッとする思考を見出していく」という感覚が全編に渡って丁寧にじっくりと描出されている点があげられます。
前作(運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング)との最大の違いは、
前作の技法が「感情の階層」の全領域を遺漏なくカバーするものだったのに対し、
今作では「感情の階層」の低いレベル、要するにネガティブ思考への対処法により重きを置いている、ということが言えると思います。

ところで不思議なことに、
願望実現の学びの世界において、「エイブラハムの方法だけではうまくいかない」、
「エイブラハムの方法でポジティブになる前にまずネガティブ思考を消し去るクリアリング法を習得しないといけない」、
などという言説がなかば常識のように語られているのを感じる昨今であります。
しかし私の考えでは、このエイブラハムの「常に感情に気付きつつ、
ホッとする思考を探す」という対処法は、完全にクリアリングの条件を満たしているどころか、
今ある数々のメソッドのなかでも最も洗練された効果の高い方法論の一つなのだと思うのです。

エイブラハムは言います。
ネガティブ思考を「非活性化」する必要などないんだと。
ただそれより“ほんの少しだけ”気持ちいい思考を見出して、それを「活性化」させなさいと。
そうすれば結局ネガティブ思考を掃除したのと同じことなのです。
なぜなら異なる波動を同時に活性化することはできないからであり、
「引き寄せの法則」はいま活性化している波動にだけ作用するからです。
また「感情のナビゲーションシステム」を導きとする以上、我々は道を外しません。
決してネガティブ感情を否認・抑圧したり、無理からポジティブ思考を捏造したりすることはありえません。
我々は自分のいまある感情に正直に向き合い、少しずつ少しずつ感情の階層を上がっていくことによって、
より望ましい波動を「信念」として優勢化・定着化させ、ついに調整されるに至るのです。

これは、(一部で誤解されているような)ネガティブ思考に対する無為無策どころか、実に精緻で理に適った方法論です。
この本はまさに、エイブラハム流クリアリング法の精髄なのだと言えるでしょう。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soromonnoirumori.blog40.fc2.com/tb.php/88-e84d5a08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。