スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい気分でいるためのNLP活用術 

こんにちは!
サラです。

昨日の記事で、私は静かな所が好き・・・・と書きましたが、
今日はそれに付随した内容を書きたいと思います。

みなさんはNLPというのはご存知ですか?
神経言語プログラミング(neuro-linguistic programming) の頭文字を略したものですが、
ビジネスから日常生活まで様々な場面で役立つコミュニケーション心理学として
最近では沢山の方が学んでいるので知っている方も多いかもしれません。

心理学・・・・
へぇ・・・・コミュニケーションにも心理学的見地からのアプローチが出来るのか・・・・
と思った方。
そう、出来るんです。
なんだか面白そうでしょ!

人とコミュニケーションする時に、皆さんはどんなことに気をつけていますか?
人には優勢の知覚器官(視覚・聴覚・触覚etc・・・)があるということを知っていますか?
それを知っていると
コミュニケーションをとる時に、自分の伝えたい事をダイレクトに伝えることができ
相手との違いを把握することで、より理解を深める事ができます。

例えば、「季節が“秋”に変わったことをどんなことで認識しますか?」との問いに
*枯葉が舞っているのを“見て”
*街のショーウィンドウで秋物の服が飾られているのを“見て”
という、目から入ってくる情報を感受しやすいようなタイプもいれば、

*トイレで便座に座ったときひんやりしたことを肌で“感じて”
*朝起きた時に布団から出ると寒いと“感じて”
という、肌感覚で入ってくる情報を感受しやすいタイプもいます。

他にも
*夜、虫の声が秋の虫の音に変わったことを“聴いて”
*小枝に止まっている、鳥の鳴き声を“聴いて”
という耳から入ってくる情報を感受しやすいタイプもいます。

ほとんどの方は
視覚(目から入ってくる)情報優勢のようですが、

私は、聴覚(耳から入ってくる)情報が優勢なタイプなんです。

だから、秋という季節に対しても
夜、夏に耳に入ってこなかった虫の音で「ハッ」と気がついたりしていました。

あなたはどのタイプですか?

以前、私が参加したワークで面白かったのは
視覚・聴覚・触覚のそれぞれの優勢器官に分かれてグループを組み
「家を建てるならどんな家?」というテーマで
直感的に思いついたことを、口々にいいあって、それをそのまま箇条書きでホワイトボードに記入し、後で発表するというものでした。

私たち聴覚優勢のグループは
この「理想の家」の第一項目に
まず、緑豊かな郊外で、静かなところにあって・・・・・
と書きました。

視覚優勢のグループは
まず、窓から日がサンサンとはいる明るいリビングが家の真ん中にあって・・・

触覚優勢のグループは
まず、すわり心地のいい大きなソファがあって、そのソファは温かくって・・・・

と、まるで模範解答のようにそれぞれの優勢感覚重視の家を語り始めたことです。
「私は、聴覚優勢だからこのように書こう」なんて思ってなかったんですよ。
パッと頭に浮かんだイメージ、それを言葉にして書いていったんですよ。

でも、まさに
優勢感覚を証明するような「理想の家」を皆さん描いていたんです。

これをコミュニケーションに当てはめると、
何かを伝えたいことがある時に、
視覚優勢の人には
色や形、明るさなどで表現してあげるとわかりやすいようです。

聴覚優勢の人には
音や音に対する印象などで。

触覚優勢の人には
肌感覚、手触りのよさや、温かいなどの印象を伝えるといいようです。

車のセールスマンであれば、
触覚優勢の人に、車を見せながら、
「この流線型のカッコいいフォルム・・・この色・・・」とアピールするより、
「いままでにないすわり心地、ほどよいクッション性を備えたシート・・・」とアピールする方がかなりの確立で納得してもらえます。

私は、使用しているi-Podのイヤホンを2回買い換えました。
どうしても、標準でついているイヤホンの音に満足がいかなかったのです。
「低音になると、音が割れる。なんだか全体的にざらざらした音で心地良くない・・・」と感じたのです。
人に言っても「あ? そう? そうかな? でも別にいいんじゃない」といわれたにも関らず、ネットで検索しやっと耳に心地よいイヤホンを手に入れました。
無駄づかい・・・・かも?
と思っていたのですが、NLPのワークで自分が聴覚優勢のタイプである事を知り、とても納得がいきました。

カフェなどで読書を楽しむ時に、人のおしゃべりが気になる・・・・そんな時に、
このi-Podは強い見方です。
私がセレクトした音楽の数々。・・・心地よい読書タイムが過ごせています。
いい気分アイテムの1つです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soromonnoirumori.blog40.fc2.com/tb.php/7-d0756548

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。