スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求めない 

ふと、
書店に立ち寄った時に、そのタイトルに惹かれ手にした本。



それは、加島祥造さんの  「求めない」


折りしも、ザ・シークレットから始まった、「願望実現」、「引き寄せ」本ブーム。
それらが続々と出版され、書籍の棚を埋め尽くしていた頃。

その本は、
ひっそりとした印象でそこにありました。

求めない・・・で始まる100篇の詩。

読み進めていくうちに、心に染み込んでいく言葉。

心という湖面に立っていたさざ波が
ピタリとやんで、
深い静けさの中に落ちていくような感じでした。

「求めない」というシンプルな言葉。
その本を手に取ったのはなぜ?

そう。その心の問いかけで、
気づいた事がある。

私は、“求めない”ことで、何を求めようとしたのだろう?

“求めない”ということを
深く深く感じてみる。

求めないことで、私が求めていたことは、
心の平安。

きっと、求めないことは、心のゼロ地点。
魂の真空地帯。


ああ、そうか、エイブラハムの教えと一緒だね。
オールを手放すこと・・・・・
求める心が流れを断っていること・・・


「自己啓発」というカンフル剤。
時に効きすぎて疲れた時に、
漢方薬のようにじっくりと効くそんな言葉があってもいい。

「求めない・・・・すると、本当に必要なものが見えてくる」
「求めない・・・・・すると自由になる」

求めない

 求めない:加島祥造


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soromonnoirumori.blog40.fc2.com/tb.php/20-56087e01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。