スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き寄せの法則~心の振り幅による方程式~ 

こんにちは!
サラです。

みなさんは、願いを実現にしたいと思っていますよね。

私、最近、ふとね。気づいた事があるんです。
今いるこの場所、状況って、過去のある時点で私が願った事
そのものだって。

特にね。心の“振り幅”が大きかったものは、
奇跡的に短時間で叶っていることに気づきました。

心の振り幅っていうのは
私の場合“感動”です。
感動って、ものすごい喜びの感情をともないますよね。

“すごい!すごい!、私もこうなりたい”感動したことって
叶ってるんです。
それも次の日に!(遅くても1ヶ月以内に!)

最近、あらためて、
「引き寄せの法則」(赤い表紙の本)を読んでいると
自分の日常の経験が追いついてきているからか
新しく解釈できて、以前になかった気づきがあります。
(心にすとーーーんって入ってくる感じ!)。

この本の中で、、
エイブラハムの言う言葉で方程式を組み立てると、

信念(自分の経験からできあがった思考)+感情(喜び・恐れ等)
=現実(エッセンスの具現化)

となるようなんです。
このうち、どちらが欠けても実現しないということなんですね。

この本の中で、友達とホラー映画を見にいった場合の話がでてきます。
映画館を出た時の方程式は
「あれは映画だから現実には起こらない」という信念(思考)+感情(映画での振り幅の大きな恐怖)
・・・ということで、
その人の日常で、それは現実として成立しません。

でもその後で一緒に言った友達が
「あれは映画だったけど、実際に起こったことなんだけど・・・」と話を始めます。
「実際に自分にも起こる得る恐怖体験」(信念)+感情(振り幅の大きな恐怖)
=現実(エッセンスの具現化)
・・・ということで、
その人の日常に、その具現化のエッセンスを取り込んだことになります。

テレビのニュースなどで、
事件の報道を見ていて、
事件の加害者(犯人)はどうして事件の加害者になったのだろう?
と、その人の生い立ちや心理を追う事に興味を持っていました。
また、被害者家族の心情に心を同化させて怒りの感情を持つこともよくありました。

でも最近は、
被害者はどうして被害者になったのだろう?と思ってしまいます。
事件が起こる前に、
日常の経験の中から、そのエッセンスを取り込んでいたのではないかと・・・・

そして、感受性の高い人であればあるほど、
それにともなう感情の振り幅も大きい。
そうすると方程式が成立してしまうのではないかと思うのです。

事件の起こる、
“舞台”を自分でプロデュースしてしまうのかも知れません。

最近は、テレビを見なくなりました。
引き寄せの法則で、ヒックス夫妻の夫のジェリーさんが
数年間を砂の中に頭を突っ込んで情報を遮断していましたと言っていましたが、
そんな感じです。

でも、その分、
毎日の中で、
「あっ、この人の髪型ステキ!」
「この人の、この言葉、思いやりがあってステキ!」
とステキな果実を摘む毎日です。

エイブラハムの言うように、
排除することはできないこの世の中の出来事。

それでも、
自分の感じ方だけは自分でコントロールできます。

できるだけいい気分でいるために、
ネガティブな気分がわいたら、
お茶タイム。音楽タイム。お笑いタイム。
で気分転換をはかりましょう。
くつろぎ


ずっとネガティブな場に心を浸しておかないように。

そして、日常の中では、いいこと、気持ちのよいものに
焦点を合わせ、心のシャッターを押しましょう。

すぐには無理でも、
少しずつ自分を変えていきましょう。
それにともなって自分の状況を変えていきましょう。

コメント

初めまして^^

「引き寄せの法則」ブログからジャンプしましたe-236
わたしのネットでのHNがさららなので、気になってe-68

「ステキな果実を摘む毎日です。」
この表現があまりにも素敵で思わずコメントを入れてしまいました。

全部ブログも読ませていただき、
いい気分にさせていただきました。
ありがとうございます^^

コメント嬉しいです。

さららさん!
ありがとうございます。

ブログを開設したばかりですが、
私がコメントを残したブログから飛んできてくれたんですね。
アクセス数も少しずつ増えてきて嬉しいです。
繋がっているな~と実感しています。
コメントをいただけて
嬉しいです。ありがとヽ(´▽`)ノ♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soromonnoirumori.blog40.fc2.com/tb.php/10-1cd547f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。